Photo: (C) Martina Issler 

Bringing the largest selection of fine Japanese papers to the world

日本全国各地でつくられる様々な和紙 及び 紙製品を取り扱っております。
和紙輸出商社として創業以来、国内はもとより、現在世界約25カ国にサプライ。
確かな品質が求められる文化財保存修復、版画を初めとするファイン・アート、
ステーショナリー、インテリア素材等として海外で高い評価を頂いております。

NEWS

いの町紙の博物館 開館30周年記念収蔵品展 〜小路位三郎コレクションを中心に〜

小路位三郎コレクション

(2015.10.6)

生涯を通じて全国の和紙産業振興や技術の保全に尽くした小路氏を中心に、同氏と交流のあった弊社創業者 森木安美に関する資料も展示されます。

日時: 2015年10月7日(水)〜10月18日(日)
会場: 高知県吾川郡いの町幸町110-1
いの町紙の博物館

http://kamihaku.com

ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウム

ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウム_フライヤー

(2015.8.3)

ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウムに参加いたします。

日時:2015年8月3日(月)13:00〜17:10
会場:野村コンファレンスプラザ日本橋 6階 大ホール

第一部:登録認定書伝達式
石州半紙、本美濃紙、細川紙の紙漉き実演、解説

第二部:記念シンポジウム
増田勝彦先生による記念講演「和紙に秘められた可能性」
パネルディスカッション「和紙に秘められた可能性〜和紙の多様性と発展〜」に、弊社代表もパネラーとして参加いたします。

カナダ建国150周年記念ドラマ 「MOSAIC -CANADA-」

カナダ建国150周年記念ドラマ _ロゴ

(2015.6.26)

2017年に建国150周年を迎える記念プロジェクトとして、カナダ観光局、イマジカBS共同制作によるドラマ、ドキュメンタリーと融合したシリーズが2年間に渡り放送されます。
弊社は、第一話の中で、カナダの魅力を伝えるアート・イベントに展示される作品に協力いたしました。
実際にカナダのアーティストが和紙で制作した作品が登場します。

第一話放送日: 2015年7月1日 カナダ建国記念日 19:00〜20:30 イマジカBS
※第一話は無料放送になります。

http://www.imagica-bs.com/mosaic-canada-/
http://canada.jp/mosaic/

The Institute of Conservation (英国保存修復学会)参加

The Institute of Conservation (英国保存修復学会)

(2015.4.9)


4月8日〜10日、The Institute of Conservation (英国保存修復学会)がロンドンで開催。
大英博物館の紙修復家 水村恵氏が「和紙:西洋の紙修復における歴史、発展とその使用について」の代表発表を行い、埼玉県小川和紙の久保孝正氏と共に弊社代表が共同発表者として参加いたしました。

Paperworls MIDDLE EAST 出展

Paperworls MIDDLE EAST 出展

(2015.3.2)


2015年3月2日〜4日 中東ドバイにて開催の「Paperworld MIDDLE EAST」に出展いたします。

無印良品 欧州旗艦店 MUJI Forum des Halles 記念ポスター

無印良品 欧州旗艦店 MUJI Forum des Halles 記念ポスター

(2014.9.22)


無印良品のヨーロッパ旗艦店が 2014年9月24日、パリのレ・アールにオープン。
告知ポスターは3人のフランス人アーティストがデザインし、パリの版画工房 idemで、弊社特注の手漉き和紙に刷られました。

www.muji.net/mt/events/event/

パリ、そして日本でもこのポスターが展示されています。
【展示スケジュール】
無印良品 東京ミッドタウン 9月1日〜9月23日
無印良品 グランフロント大阪 9月8日〜9月30日
無印良品 有楽町 9月17日〜11月3日

芹沢銈介の世界展

芹沢銈介の世界展ポスター

(2014.9.10)


型絵染の人間国宝 、芹沢銈介の生誕120年を記念して、「芹沢銈介の世界展」が開催され、展示作品の着物と帯の柄を、型染紙として制作し販売されています。
www.takashimaya.co.jp

会期/会場:
2014年9月10日〜9月23日 日本橋髙島屋
2014年9月25日〜10月7日 横浜髙島屋
2015年1月7日〜1月19日 京都髙島屋
2015年1月21日〜2月2日 大阪高島屋

第2回国際木版画会議

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「イメージメーカー展」

イメージメーカー展ポスター

(2014.7.4)


「イメージメーカー展」では、イメージとファンタジーの世界をつくりだすこと、多岐にわたるクリエイティブな分野を融合させること、そして今ここにある世界について語りながら、人々をそことは全く違った場所へ連れだすこと......。国内外で活躍する「イメージメーカー」たちによる、幻想的で斬新な仕事が紹介されています。
その「イメージメーカー」の一人として、カルティエ現代美術財団がコレクションしているデヴィッド・リンチのリトグラフ作品24点が展示されています。


21_21 DESIGN SIGHT 企画展「イメージメーカー展」

場所: 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
会期: 2014年7月4日(金) - 10月5日(日)
休館日: 火曜日(9月23日は開館)
開館時間: 11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
入場料: 一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

イメージメーカー展ポスター
http://www.2121designsight.jp/program/image_makers/

「デヴィッド・リンチ展 」

デヴィッド・リンチ展

(2014.6.25)

デヴィッド・リンチのリトグラフ作品、写真展が、渋谷ヒカリエ 8階の「Tomio Koyama Gallery」にて開催。

同ギャラリーにおいて2年ぶり2度目の開催となり、2012年以降に制作されたリトグラフ作品が展示されます。
映画監督のデヴィッド・リンチは、映画のみならず、絵画や写真など、様々な方法で独自の表現活動を続け、アーティストとしても高い評価を受けています。

リトグラフ作品には日本の手漉き和紙が使われています。
弊社は、リンチ氏が制作を行っているパリの版画工房、日本の手漉き和紙工房と相談を重ね、リンチ氏の表現に適した和紙を開発いたしました。
独特の世界観を展開する作品を是非この機会にご覧ください。

デヴィッド・リンチ展
David Lynch
会 期 2014年6月25日(水) - 2014年7月14日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

http://www.hikarie8.com/artgallery/2014/05/davidlynch.shtml

「世界に羽ばたく TOSA Washi 展」

TOSA Washi TOSA Washi

(2013.10.4)

「世界に羽ばたく TOSA Washi 展」〜カナダの現代アーティストと土佐の和紙職人の出会い〜 に協賛いたします。

私共は創業以来、海外に和紙を輸出していく中で、他の紙にはない、素材としての和紙の素晴らしさを伝えてまいりました。

日本の様々な産地で作られる多種多様な和紙は、主に版画などのファインアートペーパー(美術紙)として今日まで世界中で数多くのアーティストに使われてきましたが、中でもシャガール、ピカソ、ダリ等は土佐和紙を好んで使用したと言われています。

この度、高知県主催の元、高知県のアンテナショップ「まるごと高知」にて土佐和紙を使用したカナダ人アーティストの作品を展示・販売いたします。同時に「カナダ大使館」でも一部展示を行います。

この機会に、日本の伝統的な和紙の使い方にこだわることなくアーティスト独自の自由な発想で作られた作品の数々をご覧いただき、土佐和紙の可能性を改めて感じて頂けるよう、また更なる発展に繋がる一助となれば幸いです。

会期: 2013年11月1日(金)〜12月1日(日)
会場: 東京都中央区銀座1-3-13 リープレックス銀座タワー
高知県アンテナショップ「まるごと高知」
2階レストラン TOSA DINING おきゃく/ 地下1階ショップ
http://www.marugotokochi.com/shop/event/tosawashi/
※2階レストランは通常営業の為、お食事のお客様のみご覧頂けます。(見学のみのご利用はできませんので、ご了承ください。)

主催: 高知県 土佐和紙国際化実行委員会 高知県貿易協会 高知県地産外商公社
協賛: 株式会社森木ペーパー The Japanese Paper Place
後援: カナダ大使館
カナダ大使館

「テーブルウェア・フェスティバル2013」

TWF TWF

(2013.2.4)

東京ドームにて、2月4日から開催の「テーブルウェア・フェスティバル2013」。
毎年注目を集める「おもてなしの食空間」では、各界の著名人が個性豊かなテーブルセッティングを提案。
この度、テレビ、ラジオはもとより、映画、舞台、エッセイ、折り顔等幅広い分野でご活躍の放送タレント 松尾貴史さんに、和紙の質感や色調を活かした食空間をコーディネートしていただきました。
松尾さんの数々の折り顔作品と共に、個性的でありながらも落ち着きを感じる空間とご好評頂きました。



会場: 東京ドーム 東京都文京区後楽1丁目3番61号
日時: 2013年2月4日〜11日 10〜19:00 ※入場は18時まで
入場料: 前売り券 1,700円 当日券 2,000円 (税込)

「デヴィッド・リンチ展」

デヴィットリンチ氏

(2012.6.27)

「ツイン・ピークス」「ブルー・ベルベット」などの映画監督として知られるデヴィッド・リンチのアート作品展が、東京・渋谷ヒカリエのギャラリースペース「8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery」にて2012年6月27日より開催されました。リトグラフ、水彩画を中心とした作品が並ぶ中、和紙に刷られたモノクロのリトグラフは、鬼才デヴィッド・リンチ独特の世界が展開され大変好評を博しました。

弊社はデヴィッド・リンチがリトグラフに使用する和紙を供給させて頂いており、実際に制作を行っているパリの版画工房でご本人にお会いしてまいりました。
その後も精力的に制作を行っている、彼の今後の作品にも期待が高まっています。

コバヤシ麻衣子 ドローイング・版画作品展「Drift into Time」

コバヤシ麻衣子氏

(2012.6.27)

個人と法人企業の新しい出会いから21世紀のアートを考え、表現していこうという活動と、これに賛同するクリエーターへの支援を目的として発足された“トレ・デュニョン21”。
この企画展として、美術家 コバヤシ麻衣子が 『紙』 における表現の可能性を探る、ドローイング・版画作品展 「Drift into Time」 が、2012年7月2日より表参道画廊にて開催されました。
弊社はこの主旨に賛同し、和紙を提供させて頂きました。様々な種類の和紙を使用し、それぞれの異なる個性を表現して頂きました。